So-net無料ブログ作成

真っ赤な顔して怒ってまっか? [miscellaneous]

‘関西弁だからこそ’のダジャレっていうのがあります。

「この皿、さらでっか?」

これは違います。
なぜなら、‘皿’も‘さら’も単なる名詞だからです。

「箸の端を持ちながら橋を渡ってね」(「箸を持ちながら橋の端を渡ってけろ」でもいいですが)

というのと変わらないということです。
‘さらっぴんの皿’、つまり‘真新しい皿’ということです。
では、どういうものが‘関西弁だからこそ’かというと、

「カブールの女性がブルカをかぶーる」

これは違います。

「そういうあなたもブルカをかぶるか?」

これも違いますね。

「カンダハルの人達がガムを噛んだはる」

これこれ。
これでんがなまんがなーッ!!(←間違った関西弁の使い方)


nice!(2)  コメント(1) 

nice! 2

コメント 1

kobakoba

田舎から東京に出て来たばかり頃は 電車の中で聞く 関西弁 は苦痛でした 何だか日本に来た外国人が喋っているように聞こえたものです 慣れて関西弁の面白みを感じるようになるには 結構時間がかかったように思います しかし関西に 特に大阪に 漫才をはじめ 笑いの文化が生まれたのは何故なんでしょうね
by kobakoba (2007-07-24 15:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。