So-net無料ブログ作成

‘看板に偽りあり’ [テレビ]

“ごぶごぶ”は面白くなくなったな。
なんで東野が番組を離れたのか、理由は関係者のみぞ知るわけだけど、代わりに登場した相方が田村淳ちゅうのは、大方の関西人の反感を買ってしまったよね。
結局、東郷P以下番組上層部は、TBSがカバーする地域以外(つまり、関東以外の全国)に番組を流してもらうことに力を入れ過ぎて、関西の視聴者を多少ないがしろにしてしまった感は否めないんじゃないかな。
仮にそうじゃないとしたら、間違っても関西出身じゃない淳は起用しなかっただろう。

いや、個人的にもっと腹立たしい(‘許せない’というより、‘腹立たしい’)のは、しょうもないライセンス(藤原・井本)を番組に登場させたことだな。
そこそこ面白かった番組を屁ェみたいな番組に改悪させてしまったよ。
出演者はメインの二人(浜ちゃん&東野、または、浜ちゃん&誰か)だけでいいところ、百歩譲って他の芸人を出演させるのなら、東京に進出した面白くもなんともないコンビを起用するよりは、関西で頑張ってる若手や中堅芸人を出演させるべきだろう。
そこのところは浜ちゃんの意向も反映させないといけないだろうから、誰を起用するかは難しい部分があるだろうけど。

そもそも、この番組は月一(月に一度の放送)から月二(月に二回放送)、そして週一放送に変更していくにしたがって面白さは徐々に失われていってたね。
番組のクオリティーが目に見えて落ちていってたよ。
クオリティーが落ちて面白さが失われてしまったとしても、不思議な話ではないけどね。
だから、先ほど、‘そこそこ面白かった番組’と書いたけど、それは週一になってからで、月一の時は‘結構面白かった’よね。

とにかく今回の出演者交代によって、“ごぶごぶ”という番組の寿命が、延びることはないにしろ、縮んだことは間違いない。
あんまり面白くない番組なら、放送終了してしまっても残念だとは感じないから、そういう意味では、‘改悪’になってよかったかもね♪

考えてみりゃ・・・
図らずも番組のイメージダウンを強烈に印象付けてしまった今回の一件、自らの非はないにもかかわらず非難の的となっている淳も気の毒だとは思うその中で、ただ一人、‘東のり’だけがことさら株を上げたように見えてならないな。
それから、キャスト変更をきっかけに、番組タイトルも、“ごぶごぶ”じゃなくて、“八分二分”とか、“九分一分”に変更したらよかったのにな[わーい(嬉しい顔)]

ついでに書いとくと・・・
番組のエンディングで流す曲は毎回ちょこっとしか流れない。
ロケ先で一般人にわざわざ尋ねてまで流すほどのことはないんだから、オリジナルの“大阪LOVER”を流しときゃエエやん。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。