So-net無料ブログ作成

その9: デビッド・リンチ作品の謎の捉え方 [映画]

前回の続き


“TWIN PEAKS(ツイン・ピークス)”という作品が好きな人たちからすれば、“Twin Peaks: Fire Walk with Me(邦題:“ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間”)” の制作時に撮影したフィルムはなるべく無駄にしないで、二時間半くらいの劇場用作品を二本、公開して欲しかったに違いない。

でも、日本ではよく見られる、‘二本の作品を一ヶ月ほどずらして前後編での連続上映’ みたいなスタイルは、アメリカ人はあまり好まない。
それでなくても、ドラマのファンくらいしか劇場には足を運ばないであろうことは、制作会社も配給会社も容易に推測できただろうから(つまり、大ヒットが望めないことは公開前から想像できたから)、二時間半の映画二本を連続上映しても採算など合うはずはなく、現実問題としては到底無理だった。

では、全七話くらいの連続ドラマとしてのテレビ放映ならどうだったかな。
その場合、これは90年代の作品だから、当時のブラウン管サイズである、横縦比4:3のスタンダードサイズになって放送されていたけど。
それでも観たかったよ。
実際、“Twin Peaks: The Missing Pieces” を観ただけでも、“Fire Walk with Me(ローラ・パーマー最期の7日間)” から、それこそ失われたピースをはめ込む感じがしたから。

・・・と、そこでハッと思った[ひらめき]

『デビッド・リンチ監督の作品の、謎や意味不明な部分を解き明かすヒントというのは、作品のカットされた部分、日の目を見ることのない部分にこそ隠されているのかも[exclamation&question]

・・・ってね。
仮に必要に迫られて、やや具体的で説明的なシーンを撮影していても、曖昧さやabstract(つまり、抽象的)な印象を観客に、‘あえて’ 感じさせるために、そんなシーンは正式発表版では落としているような気がする。

「カットされた部分に謎のヒントが隠されてるんだったら、意味不明でも仕方ないじゃん」

なんて、でもそんなことは言わないで、各人がそれぞれ好きなように解釈すればいいんでしょう。
九回に分けて書いてきて、そういう結論を今日やっと導き出せたよ。

案外・・・
個人的な考えだけど・・・
デビッド・リンチ監督って純粋な人だろうから・・・
彼のすべての作品のストーリーの・・・
すべてのシーン、すべてのカット、すべての演出は・・・
実は・・・

観たそのままの内容、現象、芝居で、それ以上でもそれ以下でもないと思うよ。


おしまい[手(パー)]



ツイン・ピークス ゴールド・ボックス アンコール [DVD]

ツイン・ピークス ゴールド・ボックス アンコール [DVD]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD



ツイン・ピークス コンプリート・オリジナルシリーズ Blu-ray BOX

ツイン・ピークス コンプリート・オリジナルシリーズ Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • メディア: Blu-ray



ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間 デイヴィッド・リンチ リストア版 [Blu-ray]

ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間 デイヴィッド・リンチ リストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray



ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間 デイヴィッド・リンチ リストア版 [DVD]

ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間 デイヴィッド・リンチ リストア版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

その8: ‘失われた欠片たち’ が見つかった! [映画]

“Twin Peaks: Fire Walk with Me(邦題:“ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間”)” という作品が1992年に公開された時、日本では、

TP_FFWM_JP.jpg

こんなポスターが作成された。

一方、日本よりも三ヶ月遅れで公開された本国アメリカで作成されたポスターは、

TP FWWM Poster.jpg

これ。

どちらが好きかはその人の好み次第だけど、個人的には下(米国版)だな。
下だって特に好きだというわけではないけど、上(日本版)は絶対にないな。

この映画はドラマを観ていた人しか楽しめないから、ポスターだってそんな人たちにしかわからないものを作成しても大して問題ではなかったかもしれない。
でも、ピンセットで爪の間を調べようとしている画像が、“TWIN PEAKS”(の世界を表している)とは到底思えない。
米国版の、‘赤い部屋に続く廊下&ローラ・パーマー(とジェームズ・ハーレー)が持っていた“半分ハート” のペンダント’ というデザインの方が、よっぽど、‘世界’ を表現しているでしょ?

あと、個人的な好みではあるけど、日本版ポスターにも使われている・・・

TWIN PEAKS.jpg

こっちのローラはあまり好きじゃない。
こちらはあくまでも宣伝用、PR用に発表された写真で、ドラマで映ったものではないし、それに、なんだかこっちのローラは水の底に沈んでいるみたい。
頭部がやけに強調されていて、結果的にバラバラ死体の一部みたい。

そちらではなく、ドナの父親でもあるウィリアム・ヘイワード医師がビニールシートをめくり、保安官のハリー・トゥルーマンと共に目にした、と同時に初めてその姿を視聴者の前に現した、‘美しい死体’ は・・・

LP.jpg

こちらでしょう?

ところで、“Twin Peaks: Fire Walk with Me” にはかなりカットされたシーンがあって、それらを新たに編集したものが、“Twin Peaks: The Missing Pieces” というタイトルで三年前(2014年)に発表された。

tpmp.jpg

こんなポスター。なかなか素晴らしいデザインだと思う。

どこかで目にした話によれば(眉唾かも)、この二本の作品(上映時間は、“Fire Walk with Me” が135分、“The Missing Pieces” が91分)に、更にカットされたシーンも含めれば、劇場用作品として撮影されたフィルムの長さは、時間にしてトータルで5時間ほどになるらしい。

そこで思った。
作品のファンならみんなが思ったであろうこと・・・。


またまた、またまた、またまた、また次回につづく







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

その7: ‘傷だらけのローラ’ ならぬ ‘傷だらけのアニー’ [映画]

前回のつづき


‘ローラはアニーのことを知っていたのだろうか?’

月亭八方師匠なら言うでしょう。

「さあさ、そこやがな」

・・・

アニーがローラの隣で、血まみれの顔で、

「My name is Annie.(私はアニーよ)」

ってわざわざ言ったってことは、ローラは彼女のことを知らなかった、と、普通は考えられるだろう。
だけど・・・In My Opinion, ローラはアニーを知っていたとしてもまったく不思議じゃないよ。

そもそもアニー・ブラックバーンはノーマ・ジェニングス(Double R Diner[ダブル・R・ダイナー]のオーナーでありながら自らウエイトレスとして働いている)の妹だから、Double R Dinerでアルバイトをしていたローラはアニーという名前は聞いていた可能性は高いし、もしかしたら写真のアニーを見たことはあったかもしれない。
それどころか、過去には実際に会っていたということも十分に考えられる。
ただ、アニーは修道院に入っていたから、二人が最後に会ったのは何年も前だったろうね。
だとしたら、ローラがアニーのことを知っていたとしても、‘大人になった姿’ のアニーを知っていたかどうかは謎だ。
おまけに、アニーの口の周りは血だらけだったから、なおさらローラはそれがアニーだとは認識できなかったかも・・・

というのが、My Opinion です。

いやいや、そうではなくて、ローラがアニーのことを本当に知らなかったとしたら・・・

アニーが、

「My name is Annie.」

に続けて、

「デイル(クーパー捜査官)とローラと一緒にいるの」

なんてことを言った時、ローラは、

「ローラって私なんですけどッ!でも、デイルもあんたも知んないよッ!![ちっ(怒った顔)]

って、鬼の形相で答えたんじゃないかな[ふらふら]

ダヨーンが思うには、アニーが、

「My name is Annie.」

って言ったのは、映画を観ている観客のためかもね。
誰もあのシーンでアニーが現れるなんて思ってないし、それこそ、血だらけの顔でそれがアニーだと認識できなかった人が多かったかもしれないから。

デビッド・リンチ監督、案外親切じゃーん[わーい(嬉しい顔)]


またまた、またまた、またまた次回につづく
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

その6: ‘世界で一番美しい死体’ はなぜ ‘美しい’ のか [映画]

★★★今回の記事は、映画、“ローラ・パーマー最期の7日間” のネタばれを含みますので、まだ映画を観ていないけど将来的に観ようと思っている人は読まない方がいいですよ★★★


92年公開の、“Twin Peaks: Fire Walk with Me(邦題:“ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間”)” は、デビッド・リンチ監督からドラマのファンへの粋なプレゼントだったように思う。
確かに、この劇場用作品に対してはドラマのファンであっても、

『無駄ーッ』

だとか、

『無意味ーッ』

とか、

『無益ーッ』

や、

『蛇足ーッ』

に、はたまた、

『駄作ーッ』

というような声も散見される。
ドラマが好きでなかった者なら全員が、

『金返せーッ!』

と言ったかもしれないけど、好きでなかった者は、付き合わされたとかでない限りは劇場にも足を運んでいないだろう。
でも、ドラマに心酔していた人たちのほとんどは、そこそこ満足できたと思うんだけど。

とにかく、個人的に感じたことは・・・[どんっ(衝撃)][映画]
                       [どんっ(衝撃)][カチンコ]
                         [どんっ(衝撃)][映画]
                           [どんっ(衝撃)][カチンコ]
                             [どんっ(衝撃)](←FIRE)

学園のクイーンのローラ・パーマーは、Double R Diner(ダブル・R・ダイナー)でアルバイトをしたり、オードリー・ホーンの兄、ジョニー(知的障害がある)に勉強を教えたりと、表面的には真面目で清楚な印象を街の人たちに与えていたが、実際は、清純とは正反対のどうしようもない(詳しいことは割愛)女子高生だった。

そんなローラが、自業自得とはいえロネット・プラスキーと共に襲われて、恐怖に駆られ断末魔の叫びをあげながら、観ているこちらが怖くなるくらいの鬼の形相をさらすのだ。
とてもじゃないが、あのままでは、‘世界で一番美しい死体’ になどなり得ない。
そういうことを考えると、リンチ監督はこの映画で、“ローラ・パーマー最期の7日間” よりも、寧ろ、‘あの表情の謎’ を明かしたかったんじゃないかな・・・とまで想像してしまう。

殺害されたあと、発見された時のあのビニールシートにくるまれたローラ。
一転、彼女は、‘あの’ 赤い部屋でソファにかけていて、傍らには彼女の背後に手を回しているデイル・クーパー捜査官が立っていた。
二人は見つめ合うが、やがて彼女たちの目の前に天使が現れる。
穏やかな表情で、また涙を流しながら、さらには大きな口を開けて笑いながら天使を眺めているローラの姿を見た時、

『もう何にも苦しまなくても、悩まなくてもいいんだな』

と思えて、オレはこのprequel・・・つまり、最近よく使われるところの、‘前日譚’ が創られて良かったって思った。

『・・・そして彼女は、‘世界で一番美しい死体’ になったんだな』・・・

もちろん、殺害される時点では、ローラはクーパー捜査官のことを知らないんだけど。

本作にはアニー・ブラックバーン(ヘザー・グラハム)がチラッとだけ登場しているし(なんでローラのベッドでローラの隣に、しかも血まみれで横たわってるねんッ!)、ローラの日記を持っていたハロルド・スミスだってしっかり登場している。
ドナ・ヘイワード役がララ・フリン・ボイルからモイラ・ケリーに変わってしまったということはあるにせよ、‘お転婆ローラの帰らざる青春’ も見せてくれたし、やはり、“Twin Peaks: Fire Walk with Me” は創られるべき作品だったんだな。

ところで、‘アニーがローラのベッドで横たわって’ って書いたけど、さあ、ここですがな。
はたして、ローラはアニーのことを知っていたのだろうか?


またまた、またまた、また次回につづく
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

その5: It's ‘SHOWTIME’ !!! [テレビ]

前回の続き


‘その1’ で書いたように、“Twin Peaks” の旧シリーズは当時(1990年)のアメリカ四大ネットワークのひとつ、ABCで放送され、一方、新シリーズは前回記したように、HBOのライバルであるSHOWTIMEが放送している(どちらもケーブルテレビの有料チャンネルであるHBOとSHOWTIMEは、常に視聴者の獲得争いを繰り広げている)。

参考までに・・・
1990年の四大ネットワークというのは、ABC、CBS、NBC(←‘元祖’ 三大ネットワーク)、そしてFOX。 ・・・と言っても、FOXネットワークは1986年に開局したばかりだったので、当時は視聴率、及び、放送される番組の質、量ともに、‘三大ネットワーク’ と比べれば足元にも及ばなかった(そんな中、89年の年末に始まった“The Simpsons[ザ・シンプソンズ]” は一躍人気を博した)。
因みに、一時はWBとUPNを加えて六大ネットワークにまでなったけど、現在はWBとUPNがひとつになりCWとなって、‘五大ネットワーク’ だ。
 
ABCとは違ってSHOWTIMEは有料チャンネルだから、セリフや映像や表現に厳しい制約がなく、デビッド・リンチ監督もほぼ自由に製作できるし、仮に視聴率が悪くても途中で打ち切られることはなく(民間のスポンサーがないわけだから)、よほどの何かがない限りは契約した本数は最後まで放送される。
 
更に言えば、HBOの方がエミー賞やゴールデングローブ賞をたくさん獲っているし、数多くの上質な作品を製作・放送しているけれど、SHOWTIMEと言えば、メインストリーム、主流から外れたというか、マニアックというか、ちょっと変わったというか・・・英語で言うところの、‘queer’ な作品が多い。
大体、“Queer as Folk[クィア・アズ・フォーク]” というタイトルのドラマを製作・放送したくらいだ(ドラマのタイトルの、‘queer’ は、‘同性愛’っていう意味も含んでるけど。それにこのドラマはイギリス版のリメイクなんだけど。それで思い出したけど、SHOWTIMEは、“The L Word[Lの世界]” の放送開始の時もWest Hollywood[ウエスト・ハリウッド]あたりに目立つビルボード掲げてたな。とにかく、そういう一風変わった作品が好きな会社だ。そしてオレもそんなSHOWTIMEが好きだ。映画のBLOCKBUSTER[大ヒット]作品や話題作のTV初放送のラインアップにおいてもHBOにはとても敵わないんだけどネ)。
 
とにかく、そんなこんなで、あくまでも想像だけど、このSHOWTIMEという、‘素敵な会社’ が、『GO』を出してくれたからこそリンチ監督も新たなシリーズの実現にこぎつけた・・・んじゃないかな???
 
 
またまたまたまた次回につづく

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その4: 徳人是短命也 [テレビ]

前回のつづき


“Twin Peaks”の新シリーズは、アメリカではケーブルテレビの有料チャンネル、SHOWTIMEで、日本ではWOWOWで放送中だけど・・・

丸太おばさん(正式な役名はマーガレット・レンターマン)を演じたキャサリン・E・コールソンは二年前に亡くなっているし(新シリーズの彼女の出演シーンは生前に撮影されていた)、他にも旧シリーズの出演者では以下の俳優陣が亡くなっている。

ボビーの父親、ガーランド・ブリッグス少佐役のドン・S・デイヴィス
ドナの父親、ウィリアム・ヘイワード医師役のウォーレン・フロスト
謎の男、ボブ役のフランク・シルバ(彼は俳優ではなく、元々は撮影現場の美術担当だった。95年没)
ローラ・パーマーの第一発見者であるピート・マーテルを演じたジャック・ナンス(96年没)
そしてそして、主に鑑識を担当していたFBI捜査官アルバート・ローゼンフィールドを演じた、シブいミゲル・フェラー(今年1月に亡くなった。新シリーズの出演シーンは既に撮影済み)

“NCIS: Los Angeles(NCIS:LA ~極秘潜入捜査班)”ではオーエン・グレンジャー役を演じていたM・フェラーは個人的にも贔屓にしていた俳優だから、第9シーズンからグレンジャーが完全にいなくなると思うと寂しい・・・というより、ミゲル・フェラーという素敵な俳優さんが亡くなったことがとにかく悲しい・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

Packard Mill(パッカード・ミル、製材所)絡みのエピソードは旧シリーズで落着していると考えれば、ピート・マーテルは新シリーズに登場しなくても問題はないね(大体、‘あの’ 展開だし)。
そして、Packard Millのオーナーであるアンドリュー・パッカードも同じく、‘あの’ 結果だから再登場は必要ない。
だとすれば、その二人と同じ場所、Twin Peaks National Bank(銀行)にいたオードリー・ホーン(シェリリン・フェン)も新シリーズにはもう登場しなくても仕方ないかな。
・・・と思っていたら、なんと、彼女は新シリーズにも登場してくれる。
これは番組のファンには嬉しいことだ。

しかしながら、やはり、丸太おばさん、ボブ、アルバート(ローゼンフィールド捜査官)を演じた三名が他界してしまったことは、更に新たな物語が展開するとしても大きな喪失感は否めないね・・・[バッド(下向き矢印)]


次回、“It's ‘SHOWTIME’ !!!” につづく
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その3: クーパー捜査官は本当に美味しいコーヒーを飲んでいたか? [テレビ]

前回のつづき


それはあたかも、この、“Twin Peaks”というドラマが、

『喜劇なんじゃないの?』

と思わせる、それほどまでにクセの強いキャラたちが思う存分、各々の個性を発揮しているのだ。

コーヒーにうるさくドーナツやパイが大好きな主人公、デイル・クーパーFBI特別捜査官(演じるのはカイル・マクラクラン)、
ちょっとおバカだけど、実は色々考えている保安官事務所の受付嬢ルーシー・モラン、
ルーシーのことが好きな、涙もろい保安官代理のアンディー・ブレナン、
同じく保安官代理のネイティブ・アメリカン、トミー・‘ホーク’・ヒル、
シェリーの旦那レオ・ジョンソン、
アイ・パッチのナディーン・ハーレー(彼女は特にケッサクで、まるでコミックリリーフだ。演じるのはウェンディー・ロビー)、
にとどまらず・・・

精神科医のローレンス・ジャコビー、
ローラの母親サラ・パーマー、
‘ザ・ロッグ・レディー’こと丸太おばさん、
謎の男ボブ、
クーパーの宿命の相手ウィンダム・アール、
片腕の男フィリップ・マイケル・ジェラード、
デビッド・リンチ自らが演じたFBI地方局長のゴードン・コール、
等々等々・・・

“Twin Peaks”は、ミステリー&サスペンスの様相を呈しながら、コメディーの要素も多分に含んでいるな。
事実、何度も笑わせてもらった[わーい(嬉しい顔)]

ところで、クーパー捜査官について、‘コーヒーにうるさく’と書いたけど、実際のところ、彼はコーヒーならなんでも(どんな味でも)いいのかもしれない。
いや、もしかしたらコーヒーそのものの味がわかっていないかも。
なぜなら、The Great Northern Hotel(グレート・ノーザン・ホテル)のダイニング・ルームのコーヒーはきっと美味しかっただろうけど、Double R Diner(ダブル・R・ダイナー)のコーヒーがいつだっていい味だったとは想像しにくい。
所詮は田舎町のしがないダイナーだから、提供しているコーヒーもありきたりだったのでは?
そもそも、27年前とはいえ、コーヒー一杯たったの・・・たったの25セントですよ(あの頃、一番円安になった時で1ドル=約160円くらいだったから、それで計算しても25セント=約40円)。
もちろんおかわり自由。安すぎるーッ![がく~(落胆した顔)]

そうではなく、クーパー捜査官が本当にコーヒーの味にこだわりがある人だったとして、本当は彼好みではないコーヒーだったのにthumb up(親指を立てる)のポーズを見せていたとしたら、それなら彼は誰に対しても気遣いのできる人なんだろう。 考えてみれば、オードリーにも、そしてアニーにも紳士的に接していたなぁ。
真面目で篤実な彼は、FBIの後輩や上司も含め周りの人たちから敬意を払われていた。
もしも美味しくないコーヒーに対してもthumb upしていたのなら、それは偽りの行為だったことになる。
でも、そこには彼の優しさが表れているのだ。
結局、彼が飲んだすべてのコーヒーが本当に彼好みだったのかどうかは、彼以外の誰も知る由もないんだけどね[喫茶店]

さて、多種多彩な登場人物だらけの、“Twin Peaks”の世界からリーランド・パーマー(レイ・ワイズ)ひとりがいなくなっても、キャラクターの見本市は困らないとはいえ、やはり彼がキャストメンバーから抜けたことが番組視聴率の凋落のちょっとした要因になったかもしれない。
ローラ・パーマー殺害犯が明らかになった後でも、リーランドがツイン・ピークスの街に残ってくれていれば、物語の展開は多少変わっていたはずだろうから。

そんな、“Twin Peaks”が、91年から数えると二十六年振りに新たに制作され、現在、全米でも日本でも放送中だ。
が、しかし・・・


またまた次回につづく
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その2: 役名:事故現場の娘 [テレビ]

テレビドラマ、“Twin Peaks(ツイン・ピークス)”と言えば、デビッド・リンチ作品として有名だ。
マーク・フロストと共にクリエイターとしてクレジットされているので、彼の作品であることは間違いないけれど、実際に演出に携わったのは(旧シリーズでは)6本のみだ(因みに、第2シーズンの15話では名女優のダイアン・キートンも監督をしている)。
当時、リンチ監督はカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した、“Wild at Heart(ワイルド・アット・ハート)”の製作に携わっていたから、“Twin Peaks”には多くの時間を割けなかったらしい。
それでも、エグゼクティブ・プロデューサーとしても作品に参加していた以上、キャスティングにも関わっていたであろうことは容易に推測できる。
そんなわけで・・・

シェリー・ジョンソンを演じたメッチェン・アミック、
ドナ・ヘイワード役のララ・フリン・ボイル、
オードリー・ホーン役のシェリリン・フェン、

の三人の‘クイーン’(←ドラマを観た人ならわかる)、に加えて、マデリン(マディー)・ファーガソン&ローラ・パーマー役にシェリル・リーを起用したデビッド・リンチという人は、おおよそ美人好きなんだろうと思う(更には中国人女性のジョスリン・パッカード役には、リンチ監督は当初、当時の婚約者だったイザベラ・ロッセリーニを考えていたそうだ。間違いなく監督は美人好きだ[わーい(嬉しい顔)])。

個人的に大好きな、“Wild at Heart”にもS・フェンとS・リーの両嬢(&I・ロッセリーニも!)は出演していて、二人の出演シーンはどちらも短いけれど、その役柄と合わせてとても印象的だ。
特に、‘事故現場の娘’、S・フェンのシーンは悲しかったな。

三人の‘クイーン’&S・リーに加えて、ノーマ・ジェニングス役のペギー・リプトンや、ノーマの妹、アニー・ブラックバーン役のヘザー・グラハムなど、綺麗どころの勢ぞろいも“Twin Peaks”の見どころではあるだろうけど、このドラマではなんといってもローラの父、リーランド・パーマーを演じたレイ・ワイズの存在が絶対に見逃せない。
彼のファンや、ファンほどではなくても注目している人は決して少なくない、そんな性格俳優のレイ・ワイズ氏。
笑ったり[わーい(嬉しい顔)]泣いたり[もうやだ~(悲しい顔)]怒ったり[ちっ(怒った顔)]、更には歌ったり踊ったり・・・R・ワイズの怪演は、“Twin Peaks”においても注目せずにはいられない。

リーランド・パーマーも強烈な印象を残すキャラクターだけど、このドラマの登場人物の面々は、他にもクセ者たちのオンパレードですよ[がく~(落胆した顔)]


また次回につづく
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その1: それは1990年に始まった [テレビ]

“Beverly Hills, 90210(邦題、“ビバリーヒルズ高校白書”)”という、郵便番号そのものが番組タイトルになった斬新なテレビドラマがアメリカで始まったのは1990年の10月だった。
FOXネットワークが放送を始めた“Beverly Hills, 90210”に先立つこと半年、4月にABCネットワークが放送を開始したのが・・・

“Twin Peaks”だった(日本では一年遅れの1991年、開局したばかりのWOWOWが放送をした)。

亡くなっているその姿が、‘世界で一番美しい死体’と言われたローラ・パーマーを殺害したのは誰か?と、あの頃、全米で話題になったものだ。
いや、実際のところ、正確には全米の、‘番組ファンの間では’、その話題で持ちきりだった。
第2シーズンの9話(通算17エピソード目)でローラを殺害した人物が明らかになった後、残念ながら視聴率は芳しくなくなって、結局はこのシーズン限り、1991年6月に番組は合計30エピソードをもって打ち切りになってしまった。

テレビ放送は、日本は全米よりも一年遅れだったが、驚くなかれ1992年、“ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間”という映画(原題、“Twin Peaks: Fire Walk with Me”)が公開されたのは、日本公開は5月、全米公開は8月と、日本の方が三ヶ月も先んじていた。
結局、日本の方がファンの盛り上がりが大きかったのかな。
だからこそ、配給会社も早期公開にこぎつけたんじゃないのかな?


次回につづく
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。