So-net無料ブログ作成

その7: ‘傷だらけのローラ’ ならぬ ‘傷だらけのアニー’ [映画]

前回のつづき


‘ローラはアニーのことを知っていたのだろうか?’

月亭八方師匠なら言うでしょう。

「さあさ、そこやがな」

・・・

アニーがローラの隣で、血まみれの顔で、

「My name is Annie.(私はアニーよ)」

ってわざわざ言ったってことは、ローラは彼女のことを知らなかった、と、普通は考えられるだろう。
だけど・・・In My Opinion, ローラはアニーを知っていたとしてもまったく不思議じゃないよ。

そもそもアニー・ブラックバーンはノーマ・ジェニングス(Double R Diner[ダブル・R・ダイナー]のオーナーでありながら自らウエイトレスとして働いている)の妹だから、Double R Dinerでアルバイトをしていたローラはアニーという名前は聞いていた可能性は高いし、もしかしたら写真のアニーを見たことはあったかもしれない。
それどころか、過去には実際に会っていたということも十分に考えられる。
ただ、アニーは修道院に入っていたから、二人が最後に会ったのは何年も前だったろうね。
だとしたら、ローラがアニーのことを知っていたとしても、‘大人になった姿’ のアニーを知っていたかどうかは謎だ。
おまけに、アニーの口の周りは血だらけだったから、なおさらローラはそれがアニーだとは認識できなかったかも・・・

というのが、My Opinion です。

いやいや、そうではなくて、ローラがアニーのことを本当に知らなかったとしたら・・・

アニーが、

「My name is Annie.」

に続けて、

「デイル(クーパー捜査官)とローラと一緒にいるの」

なんてことを言った時、ローラは、

「ローラって私なんですけどッ!でも、デイルもあんたも知んないよッ!![ちっ(怒った顔)]

って、鬼の形相で答えたんじゃないかな[ふらふら]

ダヨーンが思うには、アニーが、

「My name is Annie.」

って言ったのは、映画を観ている観客のためかもね。
誰もあのシーンでアニーが現れるなんて思ってないし、それこそ、血だらけの顔でそれがアニーだと認識できなかった人が多かったかもしれないから。

デビッド・リンチ監督、案外親切じゃーん[わーい(嬉しい顔)]


またまた、またまた、またまた次回につづく
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。